医療脱毛の効果とは?

医療脱毛とは、クリニックや皮膚科でおこなうレーザー脱毛のことを言います。メラニン色素に反応するレーザーを照射して毛乳頭を破壊するので、減毛効果があるというわけです。
クリニックや皮膚科などの医療機関では、医療行為が認められたパワーの強いマシンを使用できるので、1回の脱毛効果が高く、施術回数も脱毛サロンでおこなう光脱毛の半分以下の回数で減毛できます。
気をつけなければいけないのは、日焼けした黒い肌にもレーザーは反応するので、施術前は日焼けに注意することが大事です。

医療脱毛で期待できる効果

高い脱毛効果を期待できる医療脱毛と言えばレーザー脱毛ですが、美容クリニックなどの医療機関で利用する事が出来るので、ムダ毛に悩んでいる場合は利用しても良いのではないでしょうか。脱毛サロンと比べても回数も期間も少なくなるので、料金も安くなる場合もあります。確実にムダ毛を処理するパワーは、セレブやモデルの方が利用する事が多い事でも、信頼性の高さを伺えるのではないでしょうか。強力なレーザーを発する脱毛器は同時に多くのムダ毛を処理する事が可能です。レーザーは1秒ごとに約1/4の大きさの領域を扱うことができます。上唇などの小領域は1分未満で処理することが可能です。また背中や脚などの大きな部位でも1時間くらいで済むので、少ない時間で確実な減毛が可能になっています。実際の回数は個人差があり一概に言えない部分も多いですが、ほとんどの方は、平均3~7回のセッションを繰り返す事で、ほぼ永久脱毛と言える状態にする事が可能になります。

医療脱毛がおすすめの人

医療脱毛で使うレーザーは、医師免許を持っている人しか扱えません。医師が施術を行っているので安心感が違います。

医療脱毛がおすすめの人は、軽いワキガがある人、皮膚へのダメージを最小限にしたい人などです。

レーザーは何種類かあって、色素沈着や日焼け肌への安全性が高いレーザーもあります。
医師が皮膚の状態を見ながら施術するので、万が一肌にトラブルが起きた時もケアが受けられます。

また、ニードル脱毛を行えば、軽いワキガは軽減します。
そして麻酔も使えるのが、大きなメリットです。

治療回数は5~6回、治療期間は1年前後のことが多いです。

充分なカウンセリングを受けてから、施術を受けましょう。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療脱毛はメリットの多い方法です。エステ脱毛と比べると出力のパワーが強いので、毛根への働きかけも強くなります。その結果、ムダ毛の成長をストップさせる作用も強力になって、短い期間でも優れた効果を得ることができます。永久脱毛法の中では効果だけでなくコスト的にも優れた方法であり、肌への優しさにおいても定評がありますが、痛みがやや強いのがネックです。痛みが心配な時には事前に相談し、麻酔を使用してもらえば軽減できます。
医療脱毛 堺 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です